ホーム »

作り手の心がこもった作品は美しい

休暇を利用して益子焼の展覧会に行って参りました。

栃木は父親の実家があるので、お墓参り等で定期的に行けますからね!
若い時は焼き物に興味なんてありませんでしたが、大人になるにつれて派手な食器よりも控えめな陶器の方がしっくりくるようになりました。

老化といえば老化なのかもしれませんが、物を見る目が備わった!と解釈しておきましょうか(笑)
しかし一言で益子焼といっても作り手によって出来上がってくるものは違うんだなぁと感じましたね。

窯元によって一定のコンセプトはあるのかもしれませんが、それから先は個々の感性によるものなんでしょう。
だから同じ益子焼だって有田焼だって、作り手によって値段も全然違う。

求めている客層だって異なるんでしょう。

私はまだペーペーですので、そこまでの違いはわかりませんがこれから色々と勉強していく予定です。
歳をとっても楽しめる趣味があるって素敵ですもんね!

できたら自分で焼き物も作ってみたいなぁ。
以前体験教室で不恰好や焼き物を作ったことがあるけれども、まるで子供時代に戻ったかのようなノスタルジックな雰囲気を楽しむことが出来ましたから。

人生の半分を消化した今、また新たに自分の成長を客観的に感じられるような取り組みをしたいと心から思っています。
私ひとりだけじゃ寂しいから夫とかお友達も誘って♪

自分だけのオリジナル作品ができたらサイトにもどんどんUPできたらいいな!

ギャラリー泉のBlog
http://gizumi.exblog.jp/

 

かかりつけの医者にハゲを相談してみた

子供の頃からアトピーを患っていたのでもう25年くらいの付き合いになるのか?

定期的にかよっているんで自分の中ではそのお医者さんはおじさんみたいな存在w
あっちももう孫をみるような目で見てきますからねぇ。

でも僕ももう立派な大人。

そのお医者さんは完全なおじいさんになりました。
医者はたぶん定年なんてないんでしょうね、自分の病院らしいし。

んで僕が最近悩んでいるのは髪の毛のボリューム。
いわばハゲってことですよ。

他人からみればハゲてると思われないレベルだとは思いますが、全盛期の髪のボリュームを知っている自分からみると明らかに薄くなっている。

特につむじから分け目部分にかけてのボリュームの低下がひどい。
一応自分なりにマッサージや育毛剤を使ってみて履いたんですが、、、改善されず。

これはちょっと僕だけでは無理だなと思ったので知り合いの中で一番信用できそうなかかりつけの医者に相談。

その先生は内科なんてあんまり薄毛のことには詳しくなかったんですけどね。
でもフィナステリドって薬の存在を教えてくれました。
AGAの治療薬として処方されているみたいね。

家帰ってネットでフィナステリドやプロペシアのことを色々と調べてみました。

服用するまではこれまでやっていたマッサージと育毛剤でなんとかしのいでいこう。
でも誰かに薄毛のことを相談できてすっごく心が楽になった。
自分一人で抱えてこむとどんどん問題は深刻化しちゃいますからね。

ネガティブスパイラルに陥るって感じ。
誰かが言っていましたが悩みは人に行った時点でほとんど解決しているんですよ。
今回それを身をもって実感できました。

ま、悩みであるハゲは全く回復していないんですけどねw
それはこれからの課題ってことですわ。

まだ禿げかけの状態だから回復の望みはあると思うんだよね!独身でいるうちは髪の毛をなんとしてでも死守するぞ~。

 

近所に大きなドラッグストアが出店した件

これはなかなか嬉しい!

今までは専門のドラッグストアがなくてとなり町まで行くか、スーパーでお高めの商品を買うか、って選択しかなかったですからね。
こんな田舎にも資本系のドラッグストアが出店してくれるのは嬉しい限りです。

他にライバル店がいないからたぶんそこそこ収益は上がるんじゃないかな?

せっかく喜ばせておいてすぐに閉店なんてなったら悲しいですからね。
私としてはドラッグストアで買えるものは全部そこで買って売り上げに貢献しようかとw

商店街のスーパーとか小売店は正直やる気ないですからねぇ。
シャッター商店街とまではなってないけど、それも時間の問題じゃないのかな。
若い人はいないし老人たちがほそぼそとやっている。

んでなじみの人がだらだら買い物にきて・・・なんて感じ。
イオンとかもうちの規模の街じゃ採算がとれないのか出店してくれないし、いろいろと不満があったところにこのドラッグストアの新規開店。
そりゃ期待せざるを得ませんよ。

これまでインターネット通販で医薬品を買うことも多かったんですが、これからは対面で購入出来ます。
でも毛生え薬だけはちょっと恥ずかしいからネットで買うことになりそうw
いくら年取ったといってもまだまだ男ですからねぇ、ハゲが恥ずかしいってことに変わりありませんよ。

ちょっと覗いてみたところ、店員さんは若い女性だし。
若い女性に「リアップ買いたいんですけど~」なんて想像しただけで恥ずかしすぎるからww
ま、私はリアップじゃなくて某毛生え薬を愛用しているんでそもそもドラッグストアには売ってないんですけどね

薬だけじゃなくてお菓子とかミネラルウォーターを格安で売ってるのも資本系のドラッグストアの好きなところ。
ついで買い需要を狙っているんだと思いますけど、スーパーよりも断然お安いですからね。
こういうのを見るとやっぱり都会に住みたいなぁとも思う。

20代の頃に5年くらい東京に住んでいた時期があるんですけどね。
測量の仕事をしながら三鷹で一人暮らし。
仕事はめちゃくちゃきつかったけどあの頃はなんだか青春って感じで楽しかったなぁ。

会社がつぶれて就職のあてがなくなったので今は実家の農業を手伝っているんですが。
もう一度チャンスがあれば正直上京してみたい。

日々の生活の刺激の度合いが段違いだからさ。

 

禿げてきたつむじを見られるのが恥ずかしい

ついに俺にもきたか~って感想でしょうか。

ま、親父もじーさんも禿げてるからハゲの遺伝子を受け継いでいることはわかっていたんですけどね。
でも髪の毛の量も多いし剛毛だったから、特に今までは気にすることがなかった。

35歳を超えてからですよ、急激にハゲてきたのは。
一旦ハゲスイッチが入ると残酷なもんですね・・・

1年たらずでフサフサからうすらハゲくらいには進化してしまいましたよw

35にもなると同世代で禿げているやつなんていくらでもいるから、まぁいいちゃいいんですがちょっとショックは隠せない。
これで独身だったらもっと凹んでるだろうなぁ。
一応私は二児のパパなんで、ハゲで悩んでいる暇があったら生活費をいれろと!w

妻にはそう叱咤されている毎日です。
でもちょっとくらいハゲに対抗するために育毛剤は買い始めました。
育毛の知識には豊富な上司のアドバイスを得て、育活ってやつを始めています。

その上司とは今まであんまり交流がなかったのですが、まさか薄毛のネタで仲良くなれるとはw
人生何がプラスに働くかわからないんもんですね~。
恥ずかしいところを共有すると仲良くなれるのかもしれません。

俺のハゲ方はつむじから来るパターンみたいね。。
つむじなんて普段まじまじと見ることがない場所だから、これで発見が遅れたのが悔やまれる。
ハゲは早い段階で育毛に取り組めば結構回復するみたいだし。

以前は後ろ姿をみられることになんの抵抗もありませんでしたが、今は皆が俺のつむじを見ているんじゃないか・・・てちょっと思ってしまうw
あ~ハゲは病気、って主張する人達の気持ちがなんとなくわかりましたよ。
これは精神的にきますわ。

若い人や女子社員は何もいってこないけど内心俺のつむじを見てププッと笑っているんでしょうねw
さすがに上司にそんなこと言えないだろうから。

もう開き直ってハゲキャラでいこうかな?なんてことも企んでいます。
悩みってのは開き直ったもん勝ちですからね。

でもまだその決意をする勇気はなさそうなので、しばらくは育毛に励みますよ。